楽天モバイル rakuten hand 無料配布到着報告・簡単レビュー

雑記
この記事は約15分で読めます。

先日記事にしました。楽天モバイルのrakuten hand無料配布キャンペーンですが、端末が到着しましたので、報告&レビューしていきたいと思います。

キャンペーンの開始が2/18(金)でしたが、到着したのは2/26 (土)の夕方に到着しました。
ですので、大体1週間で到着しました!!早い!!

2/28(月)に以下のように配送しましたーっていうメールが届いたのですが、なんと配送のメールより先にものが届くという展開でした!
後からメールがきてどういうこと?もう一個送ってくれんの?って最初なりました(笑)

開封

化粧箱・内容物

で届いた物は以下です。
アマゾンで物をかった時によくあるようなビニールに包まれた状態で届きました!
箱はそこそこ小さくて好印象です。

ビニールから出すとこんな感じ
箱はしっかりした箱でしっかり密閉された箱なので、空けるのは少し苦労しました。

で続いて箱を開けた感じはこちら!

でここで一つ異変に気がつきました。
赤を頼んだはずなのに黒だ。。。と
先ほどのメールの↓の部分にもろ該当してしまったようです。。。
まぁ無料で頂けているので、文句は言えない!!黒もかっこいいしね。

で続いて、内容物は以下のような感じです。

  • 安全上のご注意
  • 簡単な外観図
  • 充電アダプタ
  • 充電ケーブル(USB TypeC)
  • 本体

本体は、中華製のスマホを購入したときのようなフィルム?でくるまれていました。

本体

袋を開けた感じは以下のような感じです。
このスマホは普通に購入しても2万円程度で購入できるのですが、とてもそんなに安いスマホとは思えないくらい、質感はよくツヤツヤしていてかっこいい外観です。
そして何より小さい!!ただ、ツヤツヤしていてかつ小さいのでするっと落としてしまいそうです。。

あと、カメラの部分ですが、保護シールが張り付けられていてかなり配慮されている感じです。

で、その他の外観については、右側に電源ボタンとボリューム 下側は、USB接続コネクタ
上側には、3.5mmのイヤホンジャックといった感じです。

右側
下部
上部
左側

続いて、起動画面と起動した後の画面です
起動画面はRakutenモバイルの画面がでて起動します。
起動画面はちょっと使った状態での画面です。(素の状態の画面は取り忘れました。。。)

※今回起動のための設定については、省かせてもらいます。アンドロイドでおなじみの設定を順々にしていって、あとは数度のSW更新をする感じです。

何度か更新しましたが、OSは、結局 Android10でした。現在の最新はAndroid12ですが、そこまではおそらくアップデートされないと思われます。
セキュリティパッチは、2022年2月までしっかりあたっているので、セキュリティの問題は大丈夫だと思います。

使用感

でここからは使用感についてです。

まず、このrakutenHandですが、CPUがSnapdoragon 720Gを搭載しているとのことで、普通に使う分にはスムーズでなんの問題もないです。画質の方も画面が小さいこともあり、FullHD画質ではあるものの全く問題ないレベルです。
また、画面が小さいことで文字など入力しにくいのかなと思っていましたが、特に違和感なく使用できます。
そして何より小さいので持ちやすいくて最高です。
現在メインのPixel6Proがデカすぎるので、こちらをサブで書籍・ゲーム用にして、メインをこのrakutenHandにしてもいいかなと思えるほどです。

ただ、一点欠点があって、どういうわけかWeb等の画面での縦画面スクロールが異常に弱くちらついて見えます。これはちょっと気になるレベルです。
フレームレートも60fpsなので、なんでこんなにちらついて見えるのか不思議です。おそらくSWの制御の問題なんじゃないかと思います。
※ただ、慣れの問題でもしかするとすぐなれて気にならなくなるんじゃないかとも思います。
最近のスマホが高性能すぎるだけかも。。

最後に、持ち運びしやすく、実用性があり使いやすいスマホを無料配布してくれた楽天モバイルさんありがとうございます。これから使い倒していこうと思います!!
このRakutenHandですが、普通に購入しても2万円程度ですので、気になった方は購入してみてください。(2022/3/1時点では、安くなっていて、13000円程度で購入できるみたいです。)

RakutenHandと一緒にガラスフィルムやケースを購入したい方は以下から

追記 2022/03/07

追記: カメラについて&おまけ

カメラについてですが、本日子供のサッカー観戦で少しつかってみたところ、静止画カメラとしてははそこそこ使えそうですが、動画については使用は難しいところだと感じました。
というのもこのRakutenHandですが、手振れ補正が付いていないようで、動画をとると手振れしまくってしましました。見ていて酔ってしまいそうなくらいです。
ただ、さすがは、4800万画素のレンズなので動画でも、画質的にはそこそこきれいに取れていましたので、何かに固定して撮影できる環境では使えるかもしれません。

あと、スベスベしすぎて、落としてしまいそうだった案件については、先日紹介しましたMOFT Aがひとつ余っていたので、取り付けたら解決しました!!
というより裏に突起ができてかつMOST Aが滑らない素材でできているので持ち心地は最高です。

MOST Aが気になった方は、以下を参考にしてみてください。
ひとつ購入すれば2つ付いていて、メイン・サブ両方に張り付けて使用できてコスパ最強です!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました